ソーシャルレンディングという貸金型の投資とは

ソーシャルレンディングという貸金型の投資について、ご存知ですか?
投資家と企業側、ソーシャルレンディングというサービスを通じて、融資を行い、融資を受けた企業が返済時に支払う利息分を、投資家の利益に出来る投資方法となり、今、注目が集まっています。
個人間の、資金の融資は、法律上で、違反となりますが、ソーシャルレンディング会社は、資金融資の、許可が下りている業者ですので
ソーシャルレンディングというサービスを介す事で、投資家が企業への融資が認められました。

ソーシャルレンディングはほぼ儲かる?

ソーシャルレンディングは、融資した資金が、返済時に利息付きで返ってくる事から、投資家は、ほぼ利益が手に出来る仕組みとなり、かなり手堅い投資なのかもしれません。
ソーシャルレンディングの投資は、利回りが平均5~10%程ありますので、銀行の利回りと比較しても、高い利回りで運用する事が可能となっています。それに、毎月利回り分の資金が支払われるので、投資家も嬉しさ倍増です。
ただ、このソーシャルレンディングという投資にも、ある程度、デメリットがあるようなので、その点に関しても説明しておきましょう

ソーシャルレンディングのデメリット

ソーシャルレンディングのデメリットとは一体何なのか。
それは、資金を融資した企業が倒産や破綻し場合、融資していた資金は貸し倒れと言う形で、返済されなくなってしまう事。そうなった際に、投資した資金全て、損益となり、資金を失います。
ソーシャルレンディングという投資には、その様なデメリットが存在するというデメリットが存在してしまうのです。
なので、どれだけ優良案件に投資できるのか。そこが、このソーシャルレンディングという投資のカギとなりますね。